「大義なき総選挙」と言われた今回の衆院選。沖縄では辺野古の新基地建設が大きな争点となった。一方で、暮らしの充実も有権者には重要な課題で、投票の決め手に悩んだ県民もいた。