衆院選の沖縄選挙区で辺野古への新基地建設に反対する候補者が全勝する一方、全国的には辺野古移設を推進する自民党が圧勝した。沖縄県の経済界からは基地問題と沖縄振興は切り離して取り組むべきだという指摘や、アベノミクス効果の地方経済への早期波及を求める声などが上がった。