物心がつくようになってから、動物園が苦手になった。おりの中でストレスを抱えているように見え、楽しいと感じなくなったからだ

 ▼打って変わって現金だと言われそうだが、最近、聞き慣れない動物の値段を知って見方を少し修正した。シャチは5億円、ニシローランドゴリラ1億円、ホッキョクグマ6千万円が相場だそうだ(日曜版「朝日新聞GLOBE」)

 ▼沖縄こどもの国にもいるアジアゾウは1500万~3200万円、キリンは500万~1800万円もする。もともと沖縄にいない動物たちを見ることができる環境に、本来はもっと感謝する必要があるのかもしれない

 ▼そのアジアゾウ2頭が冬の間、暖かい沖縄で過ごすために福島県からやってきた。メスのトンサイとブントーンだ。もっとも、2頭は野生ゾウの保護と東日本大震災の被災地の子どもたちを元気づけるのが目的でラオス政府から借り受けた▼来年3月まで、こどもの国で琉人や琉花と共に公開される。試乗体験や触れることもできるというから、あっという間に人気者になるに違いない

 ▼沖縄の暖かな気候の下で大過なく過ごし、福島が雪解けのころ元気に帰って、再び子どもたちの心を温かくすることだろう。福島と沖縄がまた一つつながった。春を待ちわびる福島より一足先にこちらの心が温まった。(与那嶺一枝)