【今帰仁】今帰仁村仲尾次区にある有限会社今帰仁すいか(山城透組合長)はこのほど、同社設立20周年の節目に、同社スイカ出荷場の壁に描かれたスイカの壁画を新たに2面増やした。壁は1面あたり縦約5メートル、横約10メートル。国道505号沿いの南側の壁画はひときわ色鮮やかで、「スイカをクイナ♥」のロゴが車中からも一目瞭然。観光客らが同壁画をバックに記念撮影するなど評判も上々で、今帰仁スイカのPRに一役買っている。

新たに壁画を描いた運天肇さん。明るい絵柄が人気だ=今帰仁村仲尾次

 同壁画を描いたのは、村運天在住で、「やんばるの絵描き」として活動する画家の運天肇さん(44)。20年前にも3面の壁画を描き、今回は新たに2面を描き加えた。追加した2面のうち、道路側は「遠くからでも車中からでも一目で分かるような言葉や、かわいいキャラでインパクトを強くした」という。

 もう1面には、運天さんのオリジナルで、ヤンバルクイナをイメージしたキャラクターの「くいなちゃん」と「ば

るくん」を描いた。運天さんは「壁画全体が太陽の光を受けて、大きくなる真っ赤なスイカをイメージできるようにした」と話した。色が薄れてきたもともとの壁画もフォークリフトを自分で操作しながら、約1カ月間、色を塗るなどした。(赤嶺幸代通信員)