沖縄地方は17日、大陸の高気圧の張り出しで寒気が南下したため冷え込み、最低気温は国頭村奥で午前2時9分、この冬最低の10.3度を記録した。県内28観測所のうち26カ所で今季最低気温となった。

 午前7時20分に13.3度を記録した那覇市内では、出勤時にマフラーやダウンジャケットを着込む人の姿が目立った=写真(金城健太撮影)。この日は風も強く、南城市玉城糸数で午前6時53分に最大瞬間風速21.7メートルを観測した。18日は那覇で最高気温が17度まで上がる見込み。