【久米島】「となりのトトロ」などで知られるアニメ映画監督の宮崎駿さんが、福島の子どもたちを受け入れる保養施設「沖縄・球美の里」を描いた1枚の絵を久米島町に寄贈した。絵は、25日から久米島博物館で開かれる「被災地に心寄せて~球美の里2年の歩み」展(NPO法人沖縄・球美の里主催)で、子どもたちの写真約300枚などともに展示する。1月11日まで。

久米島町に寄贈された宮崎駿さん作の「球美の里」(同町役場提供)

 球美の里の広河隆一理事長は「宮崎さんには、福島の子ども保養プロジェクトの設立準備段階から支援していただいている」と関わりを説明し「宮崎さんの優しさが伝わる温かい作品。とても感謝している」と喜ぶ。

 絵は、宮崎さんと親交が深い堀野富洋さん、恵子さん夫妻が11月11日、町役場に届けた。役場によると、堀野さんから「子どもたちが島の豊かな自然の中で、充実した保養が続けられるように、と願って描いた作品」という説明を受けた。

 久米島町の大田治雄町長は「町を挙げて今後もプロジェクトの支援を続けていく。企画展を多くの人に見ていただきたい」と来館を呼び掛けた。球美の里は、2012年7月5日に開所。延べ約1500人の福島の子どもたちや保護者を受け入れている。