沖縄タイムス社のふるさと元気応援企画「久米島の観光・物産と芸能フェア」(主催・久米島商工会、久米島町、沖縄タイムス社)が19日から、那覇市久茂地のタイムスビルで始まる。生産量日本一を誇る車エビの弁当や、お歳暮用品のほか久米島紬の織りや着付け体験ができる。21日まで。

島特産のみそやジャム、シークヮーサージュースなどを並べる関係者=18日午後、那覇市久茂地・タイムスビル

 18日、紅芋やみそ、泡盛などの業者がつくるブランド「沖縄久米島印」の商品がずらりと並べられた。商工会の盛吉敏夫事務局長は「昨年の物産展は大好評。今年さらにパワーアップした魅力をお届けする」と話す。20日午後3時半からは「久米島芸能フェスティバル」(500円クーポン付で入場料2千円)がある。

 問い合わせは沖縄タイムス社098(860)3000。