「命」は「令」に「口」を加えた漢字である。全国の地方紙が参加するニュースサイトにある「漢字物語」によると、「令」は神のお告げをひざまずいて聞くさまを、「口」は神にささげる祝詞を入れる器を指す

▼その「神のおおせ」で与えられた命、それも罪のない子どもの命が無差別銃撃で奪われた。パキスタンでのイスラム過激派による学校襲撃事件である。141人もの死者の多くは、国の未来を担う児童、生徒であった

▼武装集団は極端なイスラム法解釈の下、イスラム教育以外は害悪としりぞける。従わない者を敵視し、2年前にはノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(17)も銃撃した

▼学校や子どもたちを狙ったイスラム過激派の凶行が絶えない。ナイジェリアでは4月、200人以上の女生徒を誘拐する事件もあった。ことし、突然のテロで子を奪われもん絶する親の映像を見て、胸を痛めた人も多かったに違いない

▼子どもたちが一体、何をした。殺して、教育を奪って、世界の何が変わる。宗教や主張が何であれ、子どもへの暴力を言いつける神のおおせがあるはずがない

▼受賞演説で「彼らの銃弾は勝てなかった」と断じたマララさんは、今回の事件にも「私たちは屈しない」と毅然(きぜん)と語った。少女の不屈の意思が広げる声の列に加わった心持ちでいる。(宮城栄作)