カジノを含む統合型リゾート(IR)導入に反対する翁長雄志知事の公約を受けて、導入可能性の調査事業を担当してきた沖縄県文化観光スポーツ部が今後の調査事業を中止する方針を表明し、仲井真県政で進めてきた事実上の“導入推進”から180度方向転換することが鮮明となった。