劇団わらび座が沖縄のチャップリンと呼ばれた小那覇舞天を描くミュージカル「笑いはつづく GO ON! GO ON!」を来年1月31日~2月8日、南城市や那覇市など県内各地で上演する。また、東京、横浜などを巡演し、秋田県のわらび座小劇場でロングラン公演する。

 小那覇舞天は、終戦直後の沖縄で「ヌチヌグスージサビラ(命のお祝いをしましょう)」と笑いを振りまき、人々に生きる勇気を与え続けた。1897年に生まれ、激動の時代を芸人として、歯科医として生きた舞天の泣き笑いの人生を沖縄の芸能にのせて描くという。

 出演は安達和平、三重野葵、金城翔子、渡久地雅斗、井上あすか。

 沖縄公演は1月31日が南城市のシュガーホール、2月1日が那覇市のパレット市民劇場、6日が沖縄市民小劇場あしびなー、7日が宜野座村のがらまんホール、8日がうるま市民芸術劇場。開演時間や入場料は会場で異なる。問い合わせはわらび座、電話06(6864)9600。