沖縄県議会12月定例会は18日、4常任委員会で条例案や陳情などを審議した。

 総務企画委員会(山内末子委員長)で、又吉進知事公室長は与那国島に配備される陸上自衛隊の沿岸監視レーダーについて「与那国町と連携して住民の不安を払拭(ふっしょく)するための説明会をするよう(防衛局に)求める方向で動いているが、現時点で工事中止を求める考えはない」と説明。監視レーダー建設予定地が民家から190メートルの距離にあることも報告した。高嶺善伸氏(社民・護憲)への答弁。

 経済労働委(上原章委員長)で、山城毅農林水産部長は少雨傾向が続いていた与那国町でのサトウキビ生産について「地元と協力して遊休地を解消し、増産に取り組んでいきたい」と答えた。砂川利勝氏(自民)への答弁。委員会は沖縄コンベンションセンター指定管理者の指定など7議案を可決した。