沖縄タイムスのふるさと元気応援企画「久米島の観光・物産と芸能フェア」が19日、那覇市久茂地のタイムスビルで始まった。21日まで。主催は久米島商工会、久米島町、沖縄タイムス社。

みそや泡盛など特産物を買い求める来場者ら=19日午前11時25分、那覇市久茂地のタイムスビル

 開幕式では和太鼓集団「乙女椿」が勇壮な演舞を披露し、関係者によるテープカットもあった。

 久米島町の大田治雄町長は「今回で2回目の開催になる。島外に限らず、県外や国外にも島の魅力を積極的にPRしていきたい」と抱負。沖縄タイムス社の豊平良孝社長は「観光資源が豊富な久米島町の活力に多くの人が触れてほしい」と呼び掛けた。

 フェアでは久米島の特産品の泡盛や紅芋、みそクッキー、車エビなどを販売。同町の観光地をPRすパネルの展示などもある。