【東京】中央選挙管理会は20日、総務省で第47回衆院選比例代表当選者へ当選証書を付与した。沖縄県関係では自民の国場幸之助氏(41)、比嘉奈津美氏(56)が当選証書を受け取った。

中央選挙管理会から当選証書を受け取る国場幸之助氏=20日、総務省

 自民の宮崎政久氏(49)、西銘恒三郎氏(60)、維新の下地幹郎氏(53)は秘書が代理で受け取った。

 国場氏は「選挙区では敗れたが、得票した約5万3千人の思いを生かし、沖縄、日本の発展に取り組みたい」と意欲。比嘉氏は「与えられた議席を大切にして医療や社会保障分野を中心に県民のために頑張りたい」と決意を述べた。