両チームとも激しくぶつかり合う好ゲームをキングスが制した。 第2Qで逆転し、リードを広げた。並里成がシュート、アシストと冷静なゲームメークでリズムを呼び起こした。しかし、後半にかけて思うようにスコアが伸びず、並里は「乗り切れない部分もあり、我慢のゲームだった」と振り返った。