沖縄署は21日、酒を飲んで車を運転したとして、米空軍嘉手納基地所属の2等軍曹(31)を道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。「自宅で飲んでいた」などと容疑を認めているという。呼気からは基準値の約2倍のアルコールが検知された。

 同署の調べでは、2等軍曹は20日午後11時40分ごろ、北谷町宮城の町道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑いがある。