2年生主体で臨んだ女子那覇は、柴田女子(青森)に敗れ初戦敗退だった。 第1Qは司令塔の具志堅茅乃主将を中心にゲームを組み立て、3点をリードしたが、第2Qから猛攻を食らい、逆転を許した。 内外のシュートを決められた一方で、相手の高さ、激しい当たりの守備に苦しめられた。