【沖縄】140万個の電球と雪が冬の夜空を彩る、第19回沖縄こどもの国クリスマスファンタジー(主催・同実行委員会、共催・沖縄こどもの国)が23日、同園で始まった。鮮やかで壮大なイルミネーションや花火、沖縄最大級のレーザーショーが来場者を楽しませた。28日までの毎日、午後4時から9時半。

鮮やかな光のトンネルで、写真撮影を楽しむ来場者ら=23日、沖縄市・沖縄こどもの国(屋良朝輝撮影)

 雪の遊園地では子どもたちがそりに乗って滑ったり、雪だるまを作ったりするなどして楽しんでいた。

 今回はサンタクロースのコスチュームで来場すると、会場で使用できる千円分の飲食券がもらえる。うるま市から家族4人で来た仲宗根愛さん(9)と雄高(ゆたか)君(8)は「きらきらしたトンネルはとってもきれいだった。雪遊びも楽しかったよ」と笑顔で話した。