【宮古島】全国のハンセン病患者の刑事被告人が「感染の恐れ」を理由に、裁判所ではなく国立療養所内に設置された「特別法廷」で審理を受けてきた問題で、最高裁の調査委員会が23日、宮古南静園を訪ね、元園長と元入所者3人から聞き取り調査を実施した。