ボクシングの第51回沖縄県高校選手権大会最終日は24日、沖縄水産高校で決勝が行われ、ライトフライ級は大城龍弥(美来工)が3-0の判定で新垣壱季(那覇)を下して初優勝した。バンタム級は上間北斗(那覇)が3-0で与那覇壱世(陽明)を退けた。最優秀選手にはウエルター級の平仲信裕(南部農)が選ばれた。平仲はライトウエルター級から階級を上げ3連覇を果たした。

ライトフライ級決勝 3回、美来工の大城龍弥(左)が相手ボディーに左フックを決める=沖水高体育館(田嶋正雄撮影)