沖縄県議会で米軍普天間飛行場返還問題をめぐる名護市辺野古への新基地建設断念を求める決議、意見書が可決された。知事選と衆院選で明確に示された辺野古新基地建設反対の民意を県民代表の県議会が決議という具体的な形で明確にした政治的な意義は大きく、新基地建設阻止を最大の公約に掲げる翁長県政を後押しするものだ。