【東京】菅義偉官房長官は24日の第3次安倍内閣発足後初の閣議後会見で、沖縄の基地問題に「辺野古移設は仲井真弘多前知事に承認されたもの。法令に従い粛々と進め、負担軽減に全力で取り組みたい」と述べ、あらためて辺野古移設を進める考えを示した。

 翁長雄志知事が政府関係者との会談を求めていることに、「官邸にはまだ連絡がないが、あった時点で考えたい」とした上で、「山口俊一沖縄担当相が翁長氏と面会する。その報告を受けたい」と述べた。自身が兼務する沖縄基地負担軽減担当として再度沖縄を訪問する考えも示した。