翁長雄志知事は24日、第3次安倍内閣に対し、「米軍普天間飛行場移設問題では沖縄の声に耳を傾け、安全保障の負担は全国で担うべきとの認識のもと、解決に取り組んでほしい」と名護市辺野古への移設を断念するよう求めた。

 また「沖縄の振興や過重な基地負担の軽減など諸問題の解決に取り組むよう期待する」とコメントを発表した。