【東京】就任あいさつで上京中の翁長雄志知事は25日、官邸で安倍晋三首相ら首脳や山口俊一沖縄担当相ら沖縄関係閣僚との会談に向けて待機したが、同日中の日程調整が厳しいと連絡があり、誰とも面会できなかった。面会を調整した内閣府と沖縄県の事務方との間で、面会目的の照会時期などで認識の違いがあり、内閣府が25日午後になって初めて官邸へ面会を申し入れたことが分かった。

政府首脳や関係閣僚との面談が整わず、残念がる翁長雄志知事=25日、都道府県会館

 翁長氏は就任あいさつのため24日に上京。25日は日程の調整が付き次第、官邸や省庁に出向くため県東京事務所などで待機。合間を見て県関係国会議員の議員事務所や野党の党本部なども回った。

 翁長氏は首相や関係閣僚と面談できなかったことについて「お会いして意見交換したい。その声は報道を通じても届いているのではないか」と再度要望。日程調整が難航していることについては、組閣直後の忙しさが影響しているとの見方を示した。

 菅義偉官房長官は25日午前の会見で「私に会いたいということは全くないそうです。いろいろ考え方をまとめてらっしゃるんじゃないですか」と面会の申し入れ自体がないとの認識を示していた。