沖縄県農林水産部は25日、デイゴの木に寄生する病害虫デイゴヒメコバチ対策で、天敵とされる「デイゴカタビロコバチ(仮称)」を米ハワイ州から導入して増殖、実用化に向けた研究を2015年度以降、本格的に進めると発表した。カタビロコバチの導入、増殖に成功したのは国内初。