フィギュアスケートのグランプリファイナルで日本男子初の連覇を果たした羽生結弦選手(20)が、沖縄でスケートに励む子どもたちへ向け直筆したクリスマスカードの原本が、25日までに、リンクがある南風原町の「スポーツワールドサザンヒル」に展示された。

ガラスケース内に展示された、羽生選手直筆クリスマスカードの原本=25日、南風原町・スポーツワールドサザンヒル

 カードには「沖縄のみなさまも スケートを楽しんで下さいね!」と記され、サインもある。サザンヒルは盗難を防ぐため、施錠したガラスケースに掲げた。

 幼稚園のころからフィギュアを続けている宜野湾市の小学5年今井麗さん(11)は原本を見て「羽生君みたいに、ジャンプとスピンをたくさん成功できるようになりたい」。羽生選手と同学年でアイスホッケーをしている糸満市の大学2年、赤嶺圭亮さん(19)は「沖縄って書かれているので身近に感じる。自分も大会でいい成績を取れるように頑張りたい」と意欲を見せた。