【東京】就任あいさつのため上京中の翁長雄志知事は26日、内閣府で山口俊一沖縄担当相と初めて会談したが、面会を求めていた政府首脳や外務、防衛の閣僚とは会えなかった。菅義偉官房長官は同日午前の会見で「年内はお会いするつもりはない」と述べていた。

山口沖縄北方相との会談を終え、報道陣の質問に答える翁長雄志知事=26日午後、東京・永田町

 翁長氏は前日の25日と同様、県東京事務所で閣僚らとの面会の調整を待っていたが、沖縄担当相以外の外務、防衛両閣僚は日程の調整がつかないことを理由に事務方で対応した。

 翁長氏は防衛省で西正典事務次官、外務省で冨田浩司北米局長と会談。普天間飛行場の県外・国外移設や辺野古移設への反対、オスプレイの配備撤回などの公約を明確に伝え、米軍基地が過重に集中している現状の改善を求めた。

 西氏は「基地の跡地利用策など力添えしたい」、冨田氏は「過重さは重々承知している」と応じた。山口沖縄担当相は「予算確保に向け先頭で頑張る。沖縄側も支えてほしい」と県の協力を求めた。

 翁長氏は、菅官房長官や関係閣僚と面会できなかったことについて「残念だが、年明けに上京する機会にアポを取ってごあいさつしたい」と述べ、同日夜帰任した。