男子決勝は、運動量で浦添を上回ったコザに軍配が上がった。神里太監督は「いろんな攻撃のバリエーションが出せた。チームワークの勝利」と満面の笑みを浮かべた。 本命の王者興南を準決勝で下し、勢いに乗る浦添に対し、積極的な攻撃で対抗したコザ。