政府が鉄軌道計画を白紙に戻し、2015年度の沖縄振興予算を概算要求から大幅に減額する方針を固めた。就任あいさつで出向いた翁長雄志知事を門前払いするように関係主要閣僚が面会を事実上拒否したのも、辺野古移設に反対する知事に徹底して政府の姿勢を見せつけ、辺野古推進に持ち込みたい戦略が透けて見える。