【東京】中谷元防衛相は26日の報道各社の就任インタビューで、米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設を唯一の解決策とする理由について「沖縄の地理的優位性、米海兵隊の特性、早期移転を考えると総合的に辺野古に移設せざるを得ない」との考えを示した。

インタビューに答える中谷元・防衛相

 県知事選や衆院選で辺野古反対候補が当選した民意に対し「地元にいろんな意見があるのは承知しているが、経緯や抑止力を考えても辺野古移設は唯一の手段で最も早いという認識には変わりはない」との見解を繰り返した。

 今年3月、大学生のインタビューに対し、在沖海兵隊基地は県外に分散可能だが、反対があり実現していないとの見方も示していたことについて「訓練の一部を本土に移し、少しでも沖縄の負担軽減ができないかという考えで発言した」と説明。「総合的な機能を発揮するため海兵隊基地は沖縄にあった方が効率的な機能を発揮できる」と強調した。