プレーヤー6人が深く守る0-6ディフェンスで初めて臨んだ琉球コラソン。従来の前に出てプレスをかける3-2-1ディフェンスに慣れている湧永製薬は攻めあぐね、コラソンが思い描く展開となった。 連戦のトーナメント戦を戦い抜くために取った策だった。東長濱秀吉監督は「(大会が)連戦で疲労もたまる。