プロバスケットボールTKbjリーグ西地区3位の琉球ゴールデンキングスは27日、所沢市民体育館で東地区12位の埼玉ブロンコスと第23戦を行い、95-61で快勝した。通算成績は19勝4敗。

埼玉-キングス 攻め込むキングスの山内盛久=所沢市民体育館(小笠原大介東京通信員撮影)

 キングスは第1Q、2Qの序盤、守備がうまく機能せず、相手にリバウンドと3点弾を絡めた反撃を許す。攻撃でもミスが生じ、歯車がかみ合わなかった。

 一時はリードを許したが、2Q終盤に岸本隆一の連続3点弾、金城茂之の速攻と続き逆転。後半は持ち前の積極的な守備が戻り、反撃の芽を摘んだ。終盤はドゥレイロン・バーンズ、並里成を筆頭とする多彩な攻撃で、一気に埼玉を突き放した。(観客数1307人)