沖縄県内で自生するタチアワユキセンダングサに含まれるフラボノイド類が花粉症の症状を和らげる効果があるとして、宮古島市の武蔵野免疫研究所(吉田八束社長)が、自社で開発したサプリメントを特定保健用食品(トクホ)として申請している。