農林水産省が、2014年度で終了する「さとうきび増産基金」について、自然災害や病害虫による被害などに使途を絞った新たな基金として検討していることが29日分かった。事実上の基金の延長で来年1月8日の自民党農林部会で協議し、方針を固める。