沖縄県内の免許取り消し処分者のうち、飲酒運転が絡むケースが過去5年間、9割近くで推移していることが29日までに県警のまとめで分かった。