ラグビーの第94回全国高校大会第3日は30日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で2回戦16試合を行い、県代表のコザはBシードの慶応(神奈川)に5-43で敗れて16強入りを逃した。

慶応-コザ 前半、コザのSO又吉恒太(中央)が相手ディフェンスをかわし攻め込む=近鉄花園ラグビー場(エムアイプランニング撮影)

 前半5分、自陣ゴール前ラインアウトからモールを押し込まれ先制トライを許すと、9分にもモールからトライを奪われた。

 フォワード(FW)戦で劣勢のコザは3トライを追加され、0-31で折り返した。後半、PR當眞琢を中心に密集サイドを突く縦の攻撃を仕掛けたが、慶応の低く激しいタックルの前に突破を阻まれた。

 後半も2トライを奪われ、防戦が続いた。19分に相手ゴール前でFWが連続攻撃を仕掛け、HO新垣太世がインゴールに飛び込んで1トライを返すのがやっとだった。