県ラグビー界の期待を背負い、シード校の壁に挑んだコザだったが、またしても強豪に屈した。Bシードの慶応に計7トライを許しての敗戦。司令塔のSO又吉恒太は「相手の動きに振り回された」と肩を落とした。 FW戦でラインアウトの優劣が大きく試合を分けた。