「公務中」を根拠に日本の検察当局が米軍人・軍属を不起訴にせざるを得ない日米地位協定の規定は、これまでも批判にさらされてきた。世論の反発を受け、「運用改善」で刑事手続きの新たな枠組みが日米間で作られたケースもある。 2011年1月、沖縄市で軍属による交通死亡事故が発生。