排水用の水タンクの枯渇で使用できなくなっていた那覇空港国内線ターミナルのトイレは、31日午前2時半にすべて復旧した。

 那覇空港国内線ターミナルでは30日午後3時ごろ、全トイレで正常に水が流せなくなるトラブルが発生し、搭乗待合室を除くトイレの使用が制限された。年末で空港利用客がごった返す中、混乱が生じた。

 空港を管理する那覇空港ビルディングによると、トラブルの原因はトイレの排水に使用する雑用水タンクが枯渇したことによる。タンクに注水する雨水が足りず、利用客の使う量が多かったために起きたとしている。地下にためていた雨水の使用制限の一時解除や、外部の工業用水を借りるなどして復旧した。