2015年の年賀状配達が1日、全国一斉に始まった。那覇市壷川の那覇中央郵便局では午前7時すぎから出発式があり、「出発でーす」の掛け声と同時にくす玉が割られ、約100人がバイクで新春の街へと繰り出した。

年賀状の配達に向かう郵便配達員たち=1日午前7時半ごろ、那覇中央郵便局

 辻勝己局長は「元旦にもらう年賀状は格別。差出人の真心がこめられた贈り物を『おめでとう』の言葉を添えてお届けしてほしい」とあいさつ。

 配達員の山城正明さんは「真心込めて迅速、確実に各家庭にお届けしたい」と話した。

 同局によると、元日に沖縄県内で配達される年賀状は874万通で県民1人当たり約6・1通。昨年の元日と比べて17万5千通の増加となった。