オリオンビール(嘉手苅義男社長)は3日午前、新春恒例の初荷式を浦添市城間本社で開き、ビール類6400ケース(350ミリリットル缶換算で、約15万4000本)を載せたトラック10台が、中南部の販売代理店に向けて出発した。

職員に見送られ、各地へ出発する初荷のトラック=3日午前9時30分ごろ、浦添市城間・オリオンビール本社

 会場には代理店や取引先、社員ら大勢が集まり、和太鼓や獅子舞の演舞で初荷を祝った。