公職選挙法が2013年12月に改正されて各都道府県議会の選挙区見直しが可能となったことを受け、沖縄県議会でも議会改革推進会議(玉城義和委員長)が議論を進めている。次回の県議選は16年を予定。