日本とアジアを結ぶ国際物流ハブを目指す沖縄にとって、食材を調理・加工・パッキングする「セントラルキッチン」(集中調理工場)の産業化は、貨物積み替えの物流事業に付加価値を付けるビジネスの一つとして必要性が指摘されていた。