米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは5日午前、米軍キャンプ・シュワブ前での抗議行動を再開した。新年に入り初めてとなる抗議行動には、県内外から市民ら100人以上が参加。「ことしも頑張るぞ」「弾圧に負けない」と新基地建設阻止を訴えた。

ゲート前に座り込み、新基地建設の反対を訴える市民ら=5日午後11時ごろ、名護市辺野古・米軍キャンプ・シュワブ前

 市民らは午前10時ごろからゲートを封鎖して抗議。ゲートを出入りする工事車両はなく、海でも作業は確認されていない。