2014年に沖縄県内で起きた交通事故の死者数は前年比16人減の36人(速報値)で、過去最少となったことが5日、県警のまとめで分かった。統計を取り始めた1947年以降、30人台だったのは初めてで、都道府県別では4番目に少なかった。