2015年の青果初競りが5日早朝、浦添市伊奈武瀬の県中央卸売市場であり、主要品目のキャベツやレタスなど県内外産野菜と果実が243トン入荷し、前年並みだった。1キロ当たりの平均価格は前年比12%減だったが、平年の200~220円に近い219円となった。

昨年より単価が安くなったインゲンを競り落とす仲卸人と売買参加者ら=5日早朝、浦添市・県中央卸売市場

 県外産野菜の入荷量は前年比15%増の70トン。冬場の鍋商材として需要がある白菜や大根の出荷が好調だった。

 県内産キャベツは10月の台風襲来後、植え替えが好調で前年比26%増の53トンだった。

 1キロ当たりの価格は前年比でインゲンが28%下がり472円、レタスは18%上昇し253円。

 初競り式で沖縄協同青果の名嘉重則社長は「農業の生産振興と市場関係業者の発展のため、役職員一丸となって使命を果たす」と新年の抱負を述べた。