政府に続き、自民党も翁長雄志知事との対話を事実上拒否する姿勢を明確にした。知事選で名護市辺野古への新基地建設反対を訴え当選した翁長氏は、辺野古を推し進めたい国側には、煙たい存在であることは事実だ。