阪神大震災から間もなく20年。当時を知らない世代が増え、記憶の継承が問われる中、震災の教訓をつなごうと若者たちが動きだした。 防災の知識を深め、ボランティア活動や地域の行事に参加しながら、災害との関わり方をそれぞれが考えている。