2015年産サトウキビの交付金額が昨年と同額の1万6420円となり、本年度で終了予定だった増産基金の枠組み継続も決まった。キビ生産量は11年の減産から回復基調にあり、交付金や増産基金が前年度並みに据え置かれたことで生産量を減産前の80万トン台に伸ばす対策として期待が高まる。