【東京】政府は9日に閣議決定する2014年度の沖縄関係分の補正予算として約20億円を計上する。

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)では8億円を計上。沖縄の民間需要の創出を図ることを目的に教育研究設備の整備として研究機器類の購入や研究室の整備費に充てる。

 一括交付金のハード事業では4億円を計上。災害対応として河川改修や台風で老朽化した水道施設などの整備に充てることを想定している。このほか、災害対策の公共事業関係費として8億円を予算化する。