プロバスケットボールチームの「琉球ゴールデンキングス」と乳がん患者会の「ぴんく・ぱんさぁ」が17、18日に沖縄市体育館で開かれるバンビシャス奈良戦で、乳がん検診の受診を呼び掛けるコラボイベント「レディースウイークエンド」を実施する。女性は高校生以上が両日とも、自由席の当日券が通常の半額の千円になる。

乳がん検診啓発のコラボイベントへの来場を呼び掛ける琉球ゴールデンキングスの松原義治さん(後列右)と与儀淑恵さん(同左)らぴんく・ぱんさぁのメンバー=8日、沖縄タイムス社

 会場をイメージカラーのピンクで統一し、女性専用の入場レーンを設け、啓発グッズを配る。ぴんく・ぱんさぁが乳がんの情報発信や相談を受ける専用ブースも設置する。両者が5年前から続けている取り組み。

 キングスの松原義治さんは「チームは女性のファンが半数を占め、乳がんを発症しやすい30代以上も多い。女性はもちろん、パートナーの男性にも乳がん検診を知ってもらいたい」と呼び掛けた。

 ぴんく・ぱんさぁの与儀淑恵さんは「イベントをきっかけに乳がん検診に行った人もいる。今回も、インパクトのある啓発の場になるのでは」と期待した。

 問い合わせは琉球ゴールデンキングス、電話098(897)7331。